FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

烈車戦隊トッキュウジャー・第26話 『銭湯で戦闘開始』:感想

2014-08-31

【ストーリー】
■水に流した
・今回はいつものシリーズ構成の小林さんではなく、13話と14話を担当した大和屋さんでした。
全体のギャグ部分は当然無視するとして、さて問題は残りの部分です。

・以前言っていたネロ伯爵の作戦とは、人から闇を発生させるのではなく自然にできた「闇溜まり」を確保するものだったようです。
なるほど、これならレインボーラインに気付かれずに確保できるから役に立ちそうです。
他にも幹部をパワーアップさせるために使ったりできそうなので、ひょっとして前振りだろうか、などなどいろいろ考えていたのですが…
「湯あたりのようなものだ!」と聞いた瞬間、「あ、これは無いわ」と速攻で前言撤回しました。
やっぱり今回は何もありませんでした。きれいさっぱり水に流します。
基本的に今回の内容はなかったものとして、今後視聴していきます。あしからず。

・追伸、コインシャドーの「袖の下」は面白かったです。

■昔懐かしのコラボ回?
・今回出てきた銭湯『浩乃湯』って実在する銭湯なんですね。
そういえば昔の昭和時代の特撮番組だと、1年に2回くらいこういうコラボの内容がありましたね。
遊園地やレジャー施設が出てきたり、かなり無茶な内容でした。
今回もそういった企画だったのだろうかと思ったのですが、公式ページで全く触れられていない点からすると、私の考え過ぎのようですね。


次回は新幹部登場・再びシャドータウン突入・1号がスーパー化?、ゼットと対決と2クール終わり頃らしい盛り上がる内容のようです。
しかも監督は加藤監督!
どんなアクションが見られるのか楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
トッキュウジャー | Comments(0) | Trackback(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。