FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

烈車戦隊トッキュウジャー・第25話 『おとぎ話が飛び出して』 :感想

2014-08-24

【ストーリー】
■1話に留まらない1話完結
・全体としてはギャグ回なので個々の描写は特に触れません。シーン自体で完結してますので。
ロボ戦での明の言動がおかしいように見えたのですが、あれもギャグなんでしょうかね? そこは判断がつきませんでした。

・個人的に感心したのは、最後にリョーナイトの正体をサプライズとして入れて全体をまとめたことです。
ギャグ回として話数単位で完結しつつも、前後につながる描写も入っています。
つなぎのエンタメ要素と本筋が上手く噛み合っています。
ギャグ回と油断していたので驚かされました。1話完結とはかくあるべしって感じですね。

■トカッチのお兄さん
・リョーナイトの正体が明かされたときは一瞬「トカッチのお兄さん死んでるのか…」と思ってしまいました。
お祭りの回想シーンでトカッチに勉強を教えていたのがお兄さんでしょうかね?
顔まで覚えてないのでうろ覚えですが、背格好はあんな感じだった気がします。

・役者さんの顔には見覚えがあると思ったら、ウルトラマンギンガで主人公の親友でカメラマン志望の役をやってた人だったんですね。

■光と闇

・今回の流れが少し気になりました。
他の絵本は失敗だったのに、トカッチからはまともなキラキラな存在が生まれたことが、今後ゼットがトッキュウジャーと絡むための伏線に見えました。
街ごと闇に飲まれたのに、なぜ5人だけが助かったのか。またなぜ大人の姿になっているのか。
その辺りとも関連してくるのでしょうかね。


予告のノリがおかしいと思ったら、次回はまた大和屋が脚本を担当されるようです。納得しました。
前回担当した回の内容が内容なので、覚悟して見たいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
トッキュウジャー | Comments(0) | Trackback(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。