FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク

仮面ライダー鎧武・第37話 『バロン・サッカー対決 夏の陣!』 :感想

2014-07-13

【ストーリー】
■番外編
・今回はほぼ夢オチで本編と完全に無関係のようです。見逃した人も安心ですね。
番外編と割り切ると、個人的にはけっこう面白かったです。
アクションも良かったですが、一番どうでもいいと思っていたサッカーに見応えがありました。
鎧武のデザインと超次元サッカーが思いのほか合っていていました。驚きです。
誰が考えたのか知りませんが、鎧武とサッカーをコラボしようと思いついた人は先見性があったのかもしれません。
実写版イナズマイレブンがあったら見たいな、と思いました。

■鎧武としてはマイナス

・番外編とは良かったですが、鎧武としては1話まるまる無駄にしてしまいました。
せっかくのパラレルワールドなので、戒斗やザックたちに普段とは違う行動をとらせてキャラを掘り下げたり、こっちの世界では生きてる初瀬を活用したり、本編にフィードバックできる要素はいろいろあったと思います。

■紘汰
・番外編とはいえ、サガラの紘汰語りは良かったのでしょうか。
サガラの回想シーンで映るのが戦闘シーンだけで、紘汰の成長=サガラのあげたアイテムと明言されてしまいました。
どう考えても戒斗のほうが人間的には成長してると思うのですが…
戒斗の思考は「力=正義」なので、煽るためにサガラが話を合わせたのでしょうか?


次回はプロフェッサーの里帰りの模様です。
それより気になるのが次回の監督、山口恭平さん。見覚えのない名前です。
調べたところ、主に助監督などで下積みをしていた方で実績は、フォーゼで2話と雑誌付録のスペシャルDVDだけの新人監督のようです。
ニチアサの監督も固定化されつつあるので、新しい風を運んでくれることを期待します。
少し楽しみが増えて何よりです。

関連記事
スポンサーサイト
鎧武 | Comments(8) | Trackback(0) |このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク
Comment
Re: タイトルなし
> こんばんは。
> 来週の予告に出てたニーサンですが、新聞やニチアサの記事によると、
> ニーサンを手に掛けたミッチが幻覚を見出した、ということらしいですね。
こんばんは。
そうなんですか。まぁ、そうでしょうね。
実は生きてましたで登場するには早すぎますから。
実写の絵面としては確かにシュールでしょうね。
そのシーンの前に「これは光実の主観であり、罪悪感ゆえにフィルターがかかっている」という状況描写をできれば問題ないはずですが、無理でしょうね。
こんばんは。
来週の予告に出てたニーサンですが、新聞やニチアサの記事によると、
ニーサンを手に掛けたミッチが幻覚を見出した、ということらしいですね。
…初瀬ちゃんといい、大してショック受けてそうにも見えない出来事の後に唐突に幻覚を見出す鎧武のキャラクターは色々と心配です。
幻覚という割には生身感半端なかったですが…またシュールな絵面を提供してくれそうな気がします。
Re: No title
> 少し考えてみたのですが、カイトの右腕から未だに植物が成長していないのは、ドライバーの力が働いているからだと考えますが、管理人さんはどう思いますか?
あり得ると思います。
ドライバー自体に防ぐ機能は無くとも、紘汰同様に肉体の変化が起きている可能性はあるでしょう。

私の見解としては、まだそう断定するには早いと考えます。
成長していないのは時間経過があまり無いからだとも考えられます。
どちらも物証はないので、保留にしています。
No title
少し考えてみたのですが、カイトの右腕から未だに植物が成長していないのは、ドライバーの力が働いているからだと考えますが、管理人さんはどう思いますか?
Re: No title
> 地獄兄弟って後付けだったんですか………
地獄兄弟というかパンチ&キックホッパーのほうですね。
当初出る予定はなかったと噂に聞いたことがあります。


>僕が気になるのはウィザードはインフィニティリング誕生の理由(ドラゴンを使うと絶望が強くなるという発>言からまさかのワイズマン化とか? いや、ないか)、グレムリンが何故記憶を引き継いでいるのか、輪島が魔>法石を加工できる理由声を聞きながらというのも気になりました(まさか普通の宝石同じ?それか似ている?)>とかですかね。
なるほど、どれも「そういうものです」としか説明されてない部分ですね。
インフィニティに関しては、「涙が宝石に変わる」というのはお伽話でよくある話です。
本編では説明がないので奇跡としか言いようがありませんが。
グレムリンは特に理由はないでしょう。強烈な個性などおぼろげな理由はありますが、基本的には「特別な存在は一人でないといけない」という物語上の都合でしょう。
輪島さんは謎ですね。輪島さんが加工できるのは事実で、特別扱いされていましたが、
ひょっとしたら魔法石に馴染めがないだけで、細工師として魔法石相手に練習すれば誰でもできるのかもしれませんし、やっぱり輪島さんだけかもしれません。
「元ゲートで晴人に救われたのが縁で晴人を援助し出した。同時に絶望しかけた影響で魔法石を扱う力に目覚めた」とか、そんな設定があればわかりやすかったと思います。


> サッカー編と映画は本編には全く影響はない感じですかね?
私は無いと思っています。
事実は映画見てみないとわかりません。
No title
地獄兄弟って後付けだったんですか………僕が気になるのはウィザードはインフィニティリング誕生の理由(ドラゴンを使うと絶望が強くなるという発言からまさかのワイズマン化とか? いや、ないか)、グレムリンが何故記憶を引き継いでいるのか、輪島が魔法石を加工できる理由声を聞きながらというのも気になりました(まさか普通の宝石同じ?それか似ている?)とかですかね。あえて挙げるならばmovie大戦でのちちんぷいぷいとかです。想いの力、とか無理やりな解釈くらいしか見当がつかず……
サッカー編と
映画は本編には全く影響はない感じですかね?
Re: No title
> 僕の意見では、カブトは尺が足りなすぎたと思っています。もう少し掘り下げかおできたり、戦闘の描写(特にカッシスラスト戦)があればもっとよい出来だったと思っています。
私は尺に関しては問題を感じませんでした。
カブトは元から破綻すべくして破綻するはずだったものに、話の鍵を握るひよりの役者さんの病欠など偶然が重なり、更に当初予定のなかった地獄兄弟の参戦など米村&白倉のライブ感が加わった結果、ストーリーは破綻してるのにどこかつながってるでたらめな奇跡が生まれたのだと思っています。
SFライダーは珍しいので脚本が米村さんでなく当初の雰囲気のまま行ってくれれば、それはそれで面白いものになったであろうと残念に思うところもありますが。

ツッコミどころについては、例を挙げるならウィザードでしょうか。嫌いな作品ではたいですが、説明不足が目立ちすぎたのかなぁと。
説明不足ですか、どの辺りのことでしょうか?
晴人の心情が描かれなかったり、コヨミやワイズマン関連の情報を出すのが唐突だったり、構成の下手さはありましたが説明という点ではそれほど問題はなかったように私は思っています。


> 電王wみたく映画とリンクしているのか気になるところです。
私の受けた印象としては、今回そして劇場版共に完全にパラレルワールドに見えました。
劇場版を生で見ないとつながらない話は好きじゃないので、絡めるにしてもプリキュアの最終話付近での劇場版フォーム登場程度に留めるのが好みです。


No title
二週間ぶりです。35話にて初めて拝見させていただき、「仮面ライダーにはツッコミどころ…」と述べたものです。確かにカブトにはいろいろツッコミどころがありましたね……。僕の意見では、カブトは尺が足りなすぎたと思っています。もう少し掘り下げかおできたり、戦闘の描写(特にカッシスラスト戦)があればもっとよい出来だったと思っています。ディケイドについては………まあ、僕もあなたの考えていることと同じことを考えていると思います。ツッコミどころについては、例を挙げるならウィザードでしょうか。嫌いな作品ではたいですが、説明不足が目立ちすぎたのかなぁと。
僕は少し他人より楽観的だとよく言われるので深くは考えない面があるようです。しかし、考えてみることも楽しみかたの一つですし絶対に悪いことではないとも思っています。僕だってなにも考えずにただみるわけではありませんし。確かに子供はブログ見ないですね……………こういう場を設けることによって様々な意見が聞けるのは自分にとってもいいことだとも思えました。ありがとうございます。
さて、今回の話については単発なら普通に楽しめる回、というのが率直な感想ですかね。電王wみたく映画とリンクしているのか気になるところです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。